様々な使い方で便利に利用できる東京のマンスリーマンション!

入居申込書

通勤が楽な場所にマンスリーマンションを借りよう

バスタブとアヒルのおもちゃ

東京郊外に家族と暮らすマイホームを購入した場合、都心部にある勤め先に通うのに通勤ラッシュを避けられないということがありがちです。東京で働き始めたシングル時代は、勤め先に近い都心部に単身者用マンションを借りて通勤ラッシュと無縁の生活ができていたのに、家を持った途端、この問題に対処せざるを得なくなるのはよくある話です。一つの解決策として考えられるのは、勤務先に通いやすいところにマンスリーマンションを借りることです。マンスリーマンションは月単位で借りられるため、常時借りる必要はなく、特に忙しい時期で通勤ラッシュで無駄に体力を使いたくないとき限定で借りるなど、柔軟な対応が可能な点が魅力です。通常の賃貸マンションではこのようなことはできませんし、持ち家の他にもう一つ、東京都心部にマンションを買うのも、経済面で厳しいでしょう。マンスリーマンションなら、経費面でもほどほどの負担で済むため、十分現実的なプランのはずです。
マンスリーマンションは家具家電備え付けなので、セカンドハウスのためにそうしたものを買わずに済むメリットもあります。不動産業者へ相談すれば、自分が必要な家具家電類が揃っているか、ない場合は、追加で持ち込み可能か確認できます。

マンスリーマンションに住むなら不動産業者に迷わず相談してみよう

一年中各地に飛び回る仕事をしている方は、基本的に一定の住居を必要としないです。
そんな方におすすめなのが、マンスリーマンションであり、マンスリーマンションなら1ヶ月単位での契約が可能なので、すぐに住まいを後にしなければならない人などに適しています。
東京にマンスリーマンションを借りたいと思ったら、不動産業者へ相談して、東京に短期間マンスリーマンションを契約してみましょう。
マンスリーマンションを契約すれば、東京に少しの間だけ滞在しなければならないという時に便利です。
不動産業者でマンスリーマンションを契約したらすぐに入居が可能で、入居前から家具家電が揃えられているので住む環境も整えられています。わざわざ家具家電を用意する必要がないですし、契約してすぐに生活ができるので、快適です。
契約期間は、基本的には1ヶ月単位となっていますが、数日単位での契約も可能な場合があり、半年から一年の契約も可能である場合があります。契約期間については、不動産業者に問い合わせて、相談して決めると良いでしょう。
敷金や礼金、仲介手数料などの費用が不要で、生活に必要なものを揃えなくても住めるマンスリーマンションに住みたいと思ったら、迷わず不動産業者に相談してみてください。

トレーニング時の滞在場所としてマンスリーマンションを活用しよう

全国規模、あるいは海外でも事業を展開している規模の会社なら、新人、中堅、ベテランの社員を対象に、技術やマネジメントに関する中長期のトレーニングを頻繁に開催しているでしょう。トレーニングを東京で実施する場合、トレーニングそのものは会社の会議室や貸会議室などを利用するからいいとしても、一ヵ月を超える場合、東京での出席者の滞在場所をどう確保するかという課題があります。おすすめは、東京に沢山あって物件種類も豊富なマンスリーマンションを活用することです。
トレーニング参加者の宿泊場所としてマンスリーマンションを使う場合、トレーニング参加者個人にマンスリーマンションを使うように指示することも出来ますが、より簡便なのは、不動産業者へ相談して法人契約を結ぶことでしょう。この方が、料金精算などの手続きもシンプルに出来て、利用者の便宜をはかることが出来ます。また、長期契約の扱いにしてもらえれば、利用料金が割引になるケースもあります。マンスリーマンションを管理している不動産業者は沢山あるので、見積もりをとってお得な価格のところを選ぶといいでしょう。また、価格だけだはなく、サービス面でもより充実したところを選びましょう。

News